SFAをしっかり導入している企業は伸びている

SFA

SFAをしっかり導入している企業は伸びている

営業を支援するソフトウェアとして注目を集めているSFAですが、ネットが今ほど浸透していなかった時代は使い勝手も微妙でした。
しかし、スマホをはじめとする優秀な端末の進歩、クラウドによって多くの人に情報を配信する形など、営業報告をスムーズに行う仕組みが整い、飛躍的に使えるシステムに進化したわけです。
営業マンを管理する立場の人は営業報告を受け、顧客管理をして現在どこまで商談が進んでいるかなどを把握する必要があります。
営業マン自身がデータを打ち込む必要はありますが、SFAを導入することで企業が速やかに営業報告を受けることができ、活動履歴や顧客情報などのデータを見ることができます。
入力作業が大変だった頃は、SFAそのものがあまり良い評価を得ていませんでした。
これは現場サイドの意見と管理側の意見がまったく違い、入力作業の意味が営業マンに伝わっていなかったことも大きいです。
現在、このソフトウェアを正しい意味で導入している企業は営業報告もスムーズになり、大幅に実績が作れています。

お知らせ

一覧