SFAから見える業績アップの可能性

SFA

SFAから見える業績アップの可能性

社員一人一人が努力し頑張ったとしても、営業成績に結びつかないことはよくあります。
タイミングが悪いとか、たまたま他社とブッキングするなど運が悪いケースもその一つです。
営業の人は少しでも頑張って売り上げを増やそうと努力していますが、それが成績に結びつかないことは確かにあります。
そんな営業の前線で働く人を助けるためのシステムがSFAです。
これは顧客管理や案件の進捗状況などをリアルタイムでデータに残し、営業の生産性を少しずつでもあげていくための情報システムのことを指しており、1990年代から企業で導入がすすめられてきました。
SFAを用いることで、管理者はダイレクトに商談の進捗状況や商談関連の情報などを瞬時に把握することができ、今後の営業をいかに展開するかを決める指標にできます。
SFAに打ち込まれたデータは分析され、営業の人の携帯端末にダイレクトに送信することも可能なので、現場にいながら情報を共有することができます。

SFA
営業担当者個人の中に留まりがちな情報を、WaWaFrontierはシステムで共有化することで個人営業から組織営業に転換をはかります。

最新投稿

お知らせ

一覧